2005-01-22

No,25 脳の稼働率を上げる

脳というのは通常数%しか稼動していないと言われている。
何故かは解らない、たぶん稼働率が100%になるときっと壊れるのだろう。
そして現在の私の脳が何%稼動しているかも解らない。
人間は数%といわれているのだから私も1~5の間位だろう。
これを何処まで上げられるか?上げたらどうなるのかと言う事は非常に興味がある。

例えば筋力で考えると人間が100%の筋力を出すと筋肉組織は壊れるらしいが、かなりの力が出ると言う事だ。火事場の馬鹿力なんていわれるのがそれであり、お婆ちゃんが箪笥を持ち上げてしまったりするらしいじゃないの。錯乱した病人が鉄パイプのベッドを半分に叩き折るなんて事も起きるらしい。


では脳が稼働率を上げたらどうなるのだろうか?

人間の行動はほぼ脳に支配されている。
JUGGLEを始めて思ったが、見た目が簡単そうであっても、
脳がついてこないとJUGGLEは出来ない。

自転車もそうだ。一度乗ると簡単に乗れるが、乗れないと一生乗れない。
運動神経も関連するのかもしれないが、脳がいかれると自転車に乗れなくなる。
私もワイン数本飲み、ウイスキーを大量に飲んで脳の平衡感覚が壊れた時に自転車に乗り、
崖から落ちた事が有る。その後も何度乗っても必ず転ぶのだ。
つまり脳が麻痺した結果バランス感覚の部分の稼働率が落ちるとこういう目に遭ってしまう。

JUGGLE、SAX、読書、笛、ありとあらゆる物に手を出し、脳の普段使われていない部分が動き出すのは非常に面白い。
しかし、それが稼働率を上げるのかは解らない、一つ一つの新しい事をやったからとて、同時に脳がフル回転するわけではなく、使っている部分以外は休んでいるのであろうから。

This page is powered by Blogger. Isn't yours?